細野晴臣ツアー2015 名古屋クアトロ LIVE REVIEW



細野晴臣の名古屋クアトロ公演(2015年6月16日)を観て


cero吉田ヨウヘイgroup森は生きているYogee New Wavesと、細野晴臣からの影響を公言するミュージシャンが近年、次々と話題になっている。名古屋のCRUNCHとの共演ではメロコアに駆け抜けるライブを見せてくれたnever young beachや、インディーR&B色濃厚なD.A.N.といった新鋭も続き、インディー・シーンは今なお活況を呈している。そんな最中、まさに絶好のタイミングで細野晴臣の名古屋クアトロ公演を観ることができた。

2年前に京都磔磔で観た際は、原発事故に言及したり内省的な印象のライブだったが、今回はまるで若手ミュージシャンのようにはじける細野さんが目の前に居た。50年代以前のポピュラー・ソング、カントリー、ウエスタン・スイング、ロカビリーを次々に演奏し、映画の影響でジェームス・ブラウンをカヴァーして激しく踊ったり、バンド・メンバーとのかけ合いから本気で楽しんでいる様子が伝わってきた。「速い曲しかやらない。好きなことしかやらない」と断言してギターをかついで軽快に踊る細野さんはまるで子どもみたい。「カヴァーばっかりだね。オリジナルをやってもカヴァーと言われる」とおどけて見せる。

スティール・ギター、マンドリンなど次々持ち替えて演奏する高田漣に「前日は彼ら3人のステージをこっそり観た。うまかったんだね。初めて知った。僕、必要ないんじゃない?」と言って困惑させたり。ベースの伊賀航に「忍者じゃないの? だっていつもすぐ消えるじゃない? 『ファミリーヒストリー』出なよ」と言って会場中の笑いを誘ったり、ドラムの伊藤大地には「他の2人は10年くらい一緒にやってるけど彼は6年? 野音で飛び込んできて。本当だよ、ドラムが飛び跳ねてたもん」と回想する。

MCでは名古屋での思い出を軸にコミュニケーションと音楽について様々なことを。知人のヨウジヤマモトと名古屋行きの新幹線で同じ車両にたった2人乗り合わせたのにお互いに一言もしゃべらなかったと。「「僕はちょっと」のセルフ・カヴァーを依頼されて、僕はちょっと、と断ったからかな?」と肩をすくめる。「名古屋で捕まえたタクシーの運ちゃんが荒っぽくて、僕は小さな声で大きなつもりで抗議した。東京は狭くてちょっとの音で苦情が来るから節分の豆まきも小さく叫ぶ。音楽もそうなんだ。ずっと大きい音を出すバンドが最近多いけど、僕らは小さいのと大きいのとちゃんと差があります」と音圧競争に苦言を呈していた。

かと思えば「名古屋でコーヒー飲もうと深夜のファミレス入ったら、後ろで娘さんと楽しそうに話してるおじさんの声がしたんだ。気になって振り返ると独りだった。その向こうで二人連れの女性客が会話してて」と実はその男性は独語していたという話を真顔で話し、その店にまた行きたいけど見つからないと付け加える。やがてライブ終盤に、終戦直後の1947年生まれであることを語り、当時米兵が本当にチョコをくれたんだと話してブギウギ・ナンバーを演奏。「女性の方はいない? 僕のライブは子どもが喜ぶから連れてきてほしい」と客席を見回して、「まだいないか」と嘆息をつく。

細野さんが何を意図していたかは知る由も無いが、ひょっとしたら、平和の象徴としての楽しくはしゃぐ子ども達の姿を彼は探していたのかもしれない。そう、後日ふと考えた。