Tomi Lebrero LIVE REVIEW


TOMI LEBRERO JAPAN TOUR 2015 at Nagoya CAFE DUFI.


Support act NARCO(Japanese musician) played effected guitar softly with Toy instruments.
Tomi Lebrero stood up and moved to stage side, and started playing bandoneon. Yes, he joined to their music.

共演のNARCOという愛知のエクスペリメンタル・ユニットが演奏しているさなか、客席で聴いていたTOMI LEBREROがバンドネオンをつかんで立ち上がり席を移動、おもむろに演奏し出したのはびっくりでした。NARCOが柔らかなギター・エフェクトにシンセサイザーとおもちゃの不思議な効果を織り重ねる上にさらにTOMIの演奏が。

 「毎日笑う」という歌詞を合図のように演奏し出したり、アンコールの際には、会場SEの古い歌謡曲で「思い出のタンゴ」と歌われた後にタンゴを弾き出したり、実はかなり日本語くわしいのかもと思ったり。その後、「松尾芭蕉」という曲でもセッション。

Tomi played with NARCO


From Waiting room to stage , Tomi was smiling, playing a ukulele singing clarly.

控室からウクレレ弾き語りで登場するTOMI.笑顔でろうろうと歌い会場を練り歩く。


Sitting on counter table, bandoneon moves like a beast, shouted out in low sounds.

カウンターに座り、まるで這いずり回る蛇のように動く楽器。
猛獣をてなづけるような低音が響く。


His performance is sexy includes humor, I feel everyday life, working rhythms.

アコギに持ち替えて、けいれんするような動き。感極まって上がる左脚。

腰の動きにセクシーさやユーモア。ちょっとしたリズムのズレが生々しいエモーション。

日々の生活、触れ合い、働くこと。フォーク・ソングであり、特に労働歌だ。
くるりの"Liverty & Glavity"のよっこらしょのリズムを連想する。
岸田繁が気に入るのがなんとなく分かった気がする。


He used sampler with bandoneon, eclectic, I feel his ethnic roots.
His music is not copy of someone. I think he has same spirits of Post-punk era musicians.

サンプラーとバンドネオンを組み合わせたパフォーマンスをしたり、なんだかすごくポスト・パンク・マナーだ。折衷的。出来合いの、既成の何かをコピーしているロック・ミュージシャンよりよほど先進的かつルーツに根ざした音楽に聴こえた。