Fishmans

フィッシュマンズのライブアルバム『LONG SEASON '96 ~ 7 96.12.26 赤坂 BLITZ』が発売され、MVも公開された。




beehype 日本のベストアルバム7位の説明文を以下に記します。


Fishmans “Kuuchuu Camp” (1996)

「空中を泳ぐようだ。レゲエ、ダブ、ドリームポップの海。生きる困難さを受け入れるための海。ヴォーカリスト佐藤、バイオリニストHONZIがな亡くなったのち、残ったメンバーはPolaris、東京スカパラダイスオーケストラ等で活動。しかしフィッシュマンズも、UA、クラムボン、ハナレグミ等からゲストボーカル、ROVOのバイオリニストを迎えて活動。サカナクションやレミ街、金 佑龍 といった現行ミュージシャンもフィッシュマンズから大きな影響を受けている。」


これは厳密な意味でのレビューでもランキングでもありません。日本の音楽の歴史を入門用に総括し、レジェンドミュージシャンのルーツ、影響を与えた現行ミュージシャンなどが分かるようにコンパクトにまとめています。取り上げたアルバムはもちろん名盤ですが、それ1枚ではなくミュージシャンとその周辺のムーブメント全体を考慮して作成しています。

特に渋谷系、ロッキング・オン系、フールズメイトや宝島の時代、そして関西アンダーグラウンドといったキーワードが軸になって全体で一つの批評になっています。従来のランキングと特に違っているのは、関西や福岡で起こったムーブメントが東京のシーンに大きな影響を及ぼしてメインストリームを変えてしまったという視点で説明していることです。


beehype Best Japanese Albums